甘に読む

せきらら夢日記。たまにガジェットとプログラム。

C++かじり虫Python初心者のお前らへ

こんにちはヱビスです。

これでも一応理系の端くれ、C++は1年間履修しました。

といっても1年次の必修授業だったので大したことはしていません。画像の読み込みすら分かりません

C++履修済みどころか、せいぜいがC++かじり虫です。

ところで最近必要に迫られてPythonというものを始めたのですが、これがまったく分からん。

いろいろ困惑したので、少しでも同じ境遇の人の役に立ちますように。

※この記事はPythonの使い方や導入方法や、ましてコードの紹介などは一切ありません。ただPython概念についての感想を述べているだけです。 

 

C++と同じと思うな

Pythonのことをちょちょちょろろろろ~っと調べると、インタープリター言語だということが分かります。

これがC++かじり虫たちが混乱する一番の原因だと思っています。

 

そもそもC++でプログラムを動かすときのお決まりの手順、覚えてますか?

テキストファイルにコードを書きgccコンパイラして./で実行…しましたよね??

このために、作業しているフォルダの中には

コードが書かれたテキストファイル

プログラムファイル

が共存していました。

 

ですが、Pythonはそんなことはしません。

ターミナルに直接コードを書きます

ターミナルはコマンドプロンプトとかPower shellみたいな見た目のやつですよ

詳しい方が聞けばちょいちょいちょいとなるかもしれませんが、C++かじり虫的にはこういう感想です。

つまり、これまで「Hello World!」を表示させるためだけでも、emacsを開きprintfを書いてgccして./してたのが……

ターミナルにprint('Hello World!')と書けば表示してくれます。

これがインタープリター言語というもので、コンパイル無しに実行できます。

 

でもちゃんとコードのテキストファイルも作れるよ

じゃあクソ長いコードもそのままターミナルに書くんか?と思ったあなた。

Visual Studio Codeあたりを見よう見まねで弄ったことがある方なら、コードをまとめたテキストファイルがあるのに気づいているでしょう。

そう、pyファイルです。

 

当たり前ですけど、毎回ターミナルに書くのはめんどいし、修正も大変です

なので、コードが書かれたファイルは拡張子をpyとすることでPython用だと判別しているようです。

詳しくは知りません。だってPython始めたばっかりだもん。

pyファイルに対して、Python言語で実行してくださいと指示すると勝手に実行されます。

コンパイラがない、ということですね。

 

最後に

いかがでしたか?

Pythonについて自分なりに調べてみましたが、よく分かりませんでした!

とはいえこれからも発展しそうな言語なので、今後の展望が期待できますね!

次回作にご期待ください!

逃げるハム

カエルとハムスターを飼っている。

カエルは慣れると手のひらで寝るらしいと聞いたので、手のひらにのせて温めたら平べったくなって本当に寝てしまった。

嬉しくなって、カエルはケージに戻してハムスターを出してきた。

ハムスターは透明のプラスチックのケースに、みちみちに2匹入っている。

ブルガリの香水のような見た目のはめ込むケースで、うっかりするとハムスターを挟んでしまう。

少し遊んだが、用事があったのでケースに戻したところ、ハムスターはもっと遊びたかったようで怒っていた。

困ったので、Skypeの転送機能で友人の家に勝手にケースごと転送した。

そうしたら、ハムスターがケースをガラスを割るみたいに突き破ってしまい、友人の部屋を駆け回ってしまった。

無断で送りつけてしまってそんなことになったので、別の友人づてに伝えてもらおうと別の友人に連絡した。

【HP製PC】"マイクのピックアップを最適化する"を消す【ZOOM】

ヱビスです。

普段は夢日記を書いていますが、1年ほど悩んでいたものが解決したので残しておこうと思います。

調べると何人かの人たちも困っている様子。

完全に解決した人はいない様子だったので、困っている人がこの記事を見つけてくれるのを願っています…

 

消し方
  1. マイクのピックアップをクリックしてアクティブにしておく。
  2. "Alt+f4"を押す
  3. 消える

 

どういうこと?

HP製のPC使用中に、マイクを使うようなこと(ZOOMやSkype)をすると、"マイクのピックアップを最適化する"というポップアップが表示されます。

最悪なのが、常に最前面に表示され、大きさもそれなりに大きく、むちゃくちゃ邪魔ということです。

タスクバーに表示もされず、ウィンドウのバツボタンもなく、消すに消せない、消えないという状況でした。

そこでタスクマネージャーを見るとFlowという中で動いているものがあり、それがピックアップタスクを動かしているもののようなので、そのタスクを終了させてしまえば終了するというわけです。

Alt+f4でもアプリを終了できるので、わざわざタスクマネージャーに行かなくても消せます。

参考にしたのはこの動画です↓

Who Knew: Zoom--End HP Optimize Microphone Pickup Task - YouTube

 

2時限を休む

高校の1時間目の授業は、新しい先生だった。

おしとやかな男性の先生で出席に厳しい人だった。

出席クリッカーのような変な装置が配られて、スマホのアプリと接続して使用することになった。

授業前の挨拶では、椅子をずらして先生の方を向いてごきげんようと言うことになった。

無事に1時間目が終わって、私は猫と遊んだりパジャマに着替えてぐだぐだしていたのだが、ふと2時間連続の授業だったと気がついた。

しかしスマホアプリを見ても、同じ授業グループの人から連絡が来ていたり、そもそも授業をやっている様子がないので、まあいいやとなった。

甘に読む

さまぁ~ずと卓球をして、負けたらタトゥーを入れることになった。

さまぁ~ずの三村がサンドウィッチマン伊達みきおだった。

伊達との試合で、最初は私が勝った。

しかし、伊達がもう一試合したいと駄々をこねるのでもう一回やることになった。

私が負けてしまい、なぜかそのまま私がタトゥーを入れることになった。

足の裏に入れることがなぜか決まっており、右足の親指の付け根から小指のほうにかけて、甘に読む、と入れることになった。

私は親指の付け根の皮膚がここ最近ボロボロで硬く、厚くなっていることを言うと、彫り師の人が皮をナイフで剥いてくれた。

甘に読むのフォントは、最近話題になった父に読むという本のタイトルフォントで彫ってくれることになった。

細めの明朝体で、群青色の水彩の雰囲気があった。

まったく痛くなくて、ぬい針くらいの針が1mm感覚で目に見える穴を開けていくのが面白かった。

無事に彫り終わった。

本を売る犬

ゲームの中のような世界を歩いている。

いろんなステージ マップがあって、ものすごく標高の高い崖の上や、傾斜がとてつもなく急な坂を下る場所を通った。

ゲームの中の世界は全体的に暗く、夜なのか、雲で日光が入らないのか分からないが、濃い青色の世界をしていた。

途中、洞窟への入り口とマンションの部屋の入り口があべこべに繋がっている場所へ出た。

入ってきたドアから元に戻っても、同じところに戻ったり別のところに出たりする。

正しいルートは狭い通路に繋がる道で、さらに進むと広い洞窟に出た。

沢山の宝石が天井、壁、床にも埋まった洞窟で、上り坂になっていて、出口の方はかなり狭くなっていた。

洞窟を出ると風が吹く崖の上に出た。

崖の端にブルドッグのような犬がいた。

四角いキャリーバッグのような箱を横に置いて、それを開けると中身は古い本だった。

犬は本を売っていた。